顕微鏡で広がる世界

初めて顕微鏡を購入するときにチェックすべきポイント

>

初めて見る世界

顕微鏡の種類

顕微鏡にはいくつか種類があります。
まずは生物顕微鏡。
特徴としては標本の下から光が出ます。
厚みがあるものを見るのには適さない、薄く切ったものなどを見る顕微鏡です。
次に金属顕微鏡と言われるタイプのものがあります。
半導体や金属の表面などを見るために工場などで使われるものです。
実態顕微鏡は昆虫などある程度の大きさや厚みがあるものを見るのにも使えるプレパラートと言って通常顕微鏡にサンプルがついているガラスやプラスティックのスライドが不要で比較的簡単に使える顕微鏡です。
生物顕微鏡は特徴としては標本の下から光が出ます。
厚みがあるものを見るのには適さない、薄く切ったものなどを見る顕微鏡です。
金属顕微鏡と言われるタイプは半導体や金属の表面などを見るために工場などで使われるものです。




売れ筋と選び方の傾向

子供用には使いやすさと買いやすい価格、見やすい画面であり、軽量であることが多くの人の希望条件です。
また発表などにも利用するのでモニター画面が録画や印刷も出来ることも必要ですね。
希望に合うものも5000円ほどから購入できます。
また携帯、PC、タブレットなどに接続できてWIFI接続ができるものを希望するケースが増えています。
スマホにWIFI接続ができるとどこにでも持ち運びができるので便利に使えることが理由でしょう。
仲間と一緒の時は画像の共有もできます。
初めて顕微鏡を試してみる人は5000円以下の商品に人気があるようです。
日常使うことがあまりないのでまずはお試し感覚で高額なものは避ける場合が多いようですね。


このTOPICSをシェアする